FXで値ごろ感による売買をするようになってから利益率が高まった

FXで値ごろ感による売買をするようになってから利益率が高まった

何かの売買をするとなると、値ごろ感が重視される事がたまにあります。だいぶ安くなってきたので、そろそろ買い時だと思うケースも多々あるのです。もしくはだいぶ高くなってきたので、このあたりで空売りを仕掛けた方が良いというケースもあります。
その値ごろ感は、いわゆる相場感覚などで判断されている事が多いです。一般的に考えられている値段を基準に判断される訳ですが、その一般基準の価格がいわゆる相場という事になります。
そしてFXで売買をするとなると、その値ごろ感は余り良くないという意見が根強いです。そのような感覚で売買をするというより、むしろテクニカル用のツールなどを用いるのが良いと考えられています。
特にベテランのトレーダーに限って、そのように考えている事が多いです。何回か値ごろ感で売買を行って、痛い目を見た方もいらっしゃるのでしょう。
しかし例外もあります。私がその1人なのですね。
いつの頃からか、私はチャートを用いるのを止めました。今ではほとんど分析用のツールも見ていません。ローソクなどを見る事がたまにあるのですが、それもあくまでも現在の値段を知りたい時だけに使います。
そして私の場合は、完全に値ごろ感だけで売買を行っているのです。少し前までは様々な分析用のツールを駆使して、外貨の動きを分析していました。ところがそのやり方は、あまり大きな利益が発生しなかったのですね。むしろ損失になってしまったのです。
ある時に私は考え方を180度変えて、分析用のツールは使わない方が良いと思います。それであくまでも外貨の数字だけを見て、値ごろ感だけで売買を行うようにしたのです。
そのやり方に変えてから、なぜかコンスタントな利益が発生するようになりました。私の場合はちょっと特殊な方法を用いているのですが、いわゆる値ごろ感だけで判断している事は間違いありません。それでも利益率は高まる訳です。
つまりFXの値ごろ感は、軽視できない一面もある訳です。やり方次第では、それで大きな利益が発生する事もあるので、色々研究してみると良いでしょう。