FX業者選びで迷ったら見る日記

バイナリーオプションの魅力と注意点

インターネットが普及して以降、サラリーマンやOLといった普通の人達も、積極的に株取引やFXといった投資を行う様になりました。お陰で投資というのは、以前の様に金持ちの資産をより増やすために行うといったイメージは薄くなり、多くの人にとってかなり身近な存在となっています。
そしてそんな流れに乗って投資に興味を持ち、あれこれ調べ出した人は、バイナリーオプションという言葉を見掛ける様になります。そんなバイナリーオプションとはどういったものかと言うと、設定された条件をクリアするかしないか、という二者択一を選択するという金融商品です。
それならば株やFXをすれば良いと考えがちですが、株やFXは激しく値動きする中、損切りしなきゃいけないと思っていてもついつい躊躇ってしまい、損失をより大きくしてしまう等のリスクが潜んでいます。ですがバイナリーオプションの場合は、上がるか下がるか二者択一で単純な予想な上に、購入した時点で得られる利益と損失は決定しているので、株やFXよりも小さなリスクで始める事が可能です。
しかもバイナリーオプションは、株やFXの様に、買い時と売り時はいつといった形で細かい値動きまで予測し、決断する必要はないので、そこまで専門的な知識は無くても開始する事が出来ます。その上、バイナリーオプションは、予め約束していた時間がくれば結果が出るというシステムなので、パソコンの前に張り付いて延々値動きをチェックする必要もありません。以上の点から、バイナリーオプションは、投資初心者にも手出しし易い金融商品であると言えます。
ただしバイナリーオプションも、取引を頻繁に行う事により、大きな損失を生み出す危険性があります。特に海外のバイナリーオプションは、凡そ一分程で売買結果が出るといった、短期的な取引も可能だったりするのです。そのため一回の取引額は大した金額でなくても、取引を繰り返す事により、結果的に大きな損失を生み出す危険性もあるので、注意が必要だったりします。

 

 

バイナリーオプションとFXの比較及び得て置きたい知識について

 

バイナリーオプションとFX取引は何れも為替金融商品であり、為替変動が取引の利益・損失に直接的に影響するという点で近似性があります。一方、FXは値動きの幅が収益に大きく関わるのに対してバイナリーオプションでは値動きの方向性だけが収益に影響する点、発生する収益が固定的でレバレッジは掛けられない仕組みであるという点で大きな違いも見出せます。
このような違いから、同じ為替を対象とするにも関わらず取引者の傾向にも大きな違いが見られます。FXの場合、比較的経済に関する指標・ニュースに関する知識や過去の傾向を綿密に調べ、難解な経済用語もある程度理解出来るようになってから取引を始める人が多くなります。そうでなければ、特に値幅については読み解き難い面が多いからです。
一方でバイナリーオプションは値幅まで読む必要は無いので比較的初心者向けであり、綿密な分析とは無縁な人も少なくありません。そして実際に、自身の勘だけで取引している人も多くいます。基準値より為替の数値が上下どちらかになるかを予測する訳ですから、単純に確率5割で勝てる可能性がある訳で、幾らかは勘のみでも勝てるものだからです。
ですが5割の確率に頼るだけでは、トータルで芳しい収益は得られないと考えるべきです。そこで経済指標等の見方を勉強するべきなのですが、バイナリーオプションにおいては傾向が読めれば充分な為、難解な経済用語等は実際に取引を進める中で徐々にでも理解出来れば問題ありません。
ポイントは飽くまでも為替の値動きの方向性が読める、という事です。重要となるのは各国の経済政策・金融政策に関わるニュースとなります。何がどちらに振れれば値が上下どちらの方向に振れ易くなるかという点のみに注目して徹底的に頭に叩き込めば、勝率の増加に繋げる事が出来ます。該当する項目は決して多くは無いので、経済の知識に疎いと思う人でも充分に対応出来ます。
そして情報を得る中では、どちらかと言えば耳の痛い経済の不振・悪化に関する情報もしっかり捉える癖を身に付ける必要があります。値動きの方向性がはっきり出易いのが、寧ろ不安材料である事がポイントとなるのです。

 

 

FXにおける利益率が高い友達を作る意義とは

 

私はFXに詳しい友人が、何人か居ます。そしてその友人と友達になって良かったと思っているのです。なぜならその友人のおかげで、私の売買の成績は大きく伸びたと思っているからです。
そもそも私達は、友人に接すると色々影響を受けるものですね。毎日友人と話していれば、だんだんと考え方も変わってくるでしょう。そしてその影響力は、決して軽視できないのですね。
例えばその外貨を用いる商品でコンスタントな利益が発生している友人がいるとしましょう。そのような友人がいる事自体、とても頼もしいのですね。
というのも投資を行っていると、やはりどこかで壁にぶつかるものです。その壁に直面した時に、誰かに相談したいと思う事が多々あります。
相談できる相手がいるか否かで、全くメンタルが異なってくるのですね。相談できる友人がいれば、それだけ色々と勉強することができるでしょう。また心理的な頼もしさや安心感もあります。
また投資に詳しい友人と話していると、前述のように色々な影響を受ける事になるのです。毎日友達と話していれば、自然とFXのセオリーも学ぶことができるものなのですね。特にセオリーに関することを学ぼうと思わなくても、話している内にだんだんと考え方を学ぶことができるものです。
ちなみに私も投資に詳しい友達と仲良くなったら、だんだんとこの金融商品での成績が良くなってきました。それまで私は我流のやり方で売買をしていたのですが、残念ながらほとんど利益が生じなかったのですね。ところがこの商品に詳しい友達と色々交流をすると、だんだんこの商品のセオリーが分かってきたのです。今ではチャートを見る時に、もはやツールなどを使っていません。単純にローソク足を見るだけで、大体の動きを知ることができます。今まではそのような事は、到底不可能だったのですが。
ですのでFXで利益をあげたいと思うのであれば、やはり誰か詳しい友達を作ると良いでしょう。そのような友達は、きっとかけがえのない存在になると思います。

 

 

利用者数が多いFXの掲示板を用いて他の方がやり方を参考にする

 

投資を行っていると、たまに他の方々のやり方が気になってくる事があります。自分なりの方法で利益を目指すのですが、そのやり方でなかなか上手く行かないと、他のやり方が気になるものなのですね。
それでFXに関する情報を、色々とインターネットで調べてみる訳です。そして他の方々のやり方を調べる方法の1つに、ブログがあります。その金融商品に関するブログによっては、具体的なやり方が記載されている事があるのです。年間でどれ位の利益が発生しているかが、ブログで公開されているケースも珍しくありません。
ですので他の方の方法を知りたいのであればブログを見てみるのも一法なのですが、残念ながらその方法には1つデメリットがあります。かなり手間がかかるのですね。
1つ1つのブログを見ていくとなると、正直かなり時間がかかってしまうでしょう。リサーチの時間は、思った以上のボリュームになるものです。ちょっとそれは勿体ないのではないと思います。
もしも時間を節約したいと思うのであれば、FXのつぶやきサイトなどを見てみると良いと思います。例えばある検索エンジンの関連サイトでは、その金融商品に関する掲示板が設置されているのですね。その掲示板を使っている方々の人数は、非常に多いです。
そしてその掲示板では、非常に様々な方々が自分のやり方を公開しているのですね。かなり具体的なやり方が掲載されている事が多く、しかもそれをリアルタイムなチャートを見ながら確認する事もできるのです。
その掲示板のメリットは、効率の良さです。前述のブログの場合はかなり時間がかかってしまう事が多いですが、掲示板の場合は非常に多くの方々のやり方を参考にする事ができます。しかもかなり短時間でそれを見る事ができるのですね。
ですのでこの金融商品で他の方のやり方を参考にしたいと思うのであれば、ちょっとFXの掲示板などに目を通してみると良いでしょう。ただし掲示板の利用人数などは、意外と盲点になります。人数が少ないと、ちょっと効率的ではありません。できるだけ利用者の人数が多い掲示板を利用すると良いですね。

 

 

FXのチャートはイメージを忘れづらいタイプが良い

 

FXでは、今後の動きを色々とイメージしてみる事はとても大切です。頭の中でチャートの形を、色々と考えてみる訳ですね。そしてイメージ通りになっていれば、もちろん売買をするべきなのです。逆にイメージ通りでなければ、見送るのが良いでしょう。
ところで何回かそのイメージを描いていくと分かるのですが、結局は3つのパターンしかありません。まず上昇ですね。当然ですが、外貨は上昇か下落しかないのです。外貨が全く動かないのは、正直ほぼあり得ません。ですので上昇か下落という2つのパターンが、まず存在する訳です。
それともう1つのパターンは、保ち合いですね。つまり優柔不断な動きです。上昇するか下落するかがはっきりしないので、ちょっとそれが苦手な方もいらっしゃるでしょう。実際私も、それは苦手パターンの1つです。
そして価格分析をする時には頭でイメージをしてみれば良い訳ですが、正直それは全く難しいことはありません。前述の3つのパターンしかない訳ですから、組み合わせの数はそれほど多くないでしょう。ですのでイメージを描く事自体は、別に難しくないのですね。
ただそのイメージを描いても、うっかり忘れてしまう可能性はあります。あの時イメージを描いていたものの、どのようなものだったのか等とうっかり忘れるケースは決して珍しくありません。
そのような時でも対応できるかどうかは、正直チャート次第です。チャートのクオリティーが高いと、そのイメージを忘れづらくなる事が多いのです。
例えばMT4などの場合、かなりクオリティーが高いチャートになります。それに対しては、色々と情報を書き込んでいく事ができるのですね。コメントなどを残すことができるのですが、あれは本当に便利です。チャートの随所にコメントを残しておくだけでも、かなり忘れづらくなるものです。
ちなみにFXの会社によるチャートの中には、そのコメントを残すことができないタイプもあります。ちょっとそれは不便ですね。

何かの売買をするとなると、値ごろ感が重視される事がたまにあります。だいぶ安くなってきたので、そろそろ買い時だと思うケースも多々あるのです。もしくはだいぶ高くなってきたので、このあたりで空売りを仕掛けた方が良いというケースもあります。
その値ごろ感は、いわゆる相場感覚などで判断されている事が多いです。一般的に考えられている値段を基準に判断される訳ですが、その一般基準の価格がいわゆる相場という事になります。
そしてFXで売買をするとなると、その値ごろ感は余り良くないという意見が根強いです。そのような感覚で売買をするというより、むしろテクニカル用のツールなどを用いるのが良いと考えられています。
特にベテランのトレーダーに限って、そのように考えている事が多いです。何回か値ごろ感で売買を行って、痛い目を見た方もいらっしゃるのでしょう。
しかし例外もあります。私がその1人なのですね。
いつの頃からか、私はチャートを用いるのを止めました。今ではほとんど分析用のツールも見ていません。ローソクなどを見る事がたまにあるのですが、それもあくまでも現在の値段を知りたい時だけに使います。
そして私の場合は、完全に値ごろ感だけで売買を行っているのです。少し前までは様々な分析用のツールを駆使して、外貨の動きを分析していました。ところがそのやり方は、あまり大きな利益が発生しなかったのですね。むしろ損失になってしまったのです。
ある時に私は考え方を180度変えて、分析用のツールは使わない方が良いと思います。それであくまでも外貨の数字だけを見て、値ごろ感だけで売買を行うようにしたのです。
そのやり方に変えてから、なぜかコンスタントな利益が発生するようになりました。私の場合はちょっと特殊な方法を用いているのですが、いわゆる値ごろ感だけで判断している事は間違いありません。それでも利益率は高まる訳です。
つまりFXの値ごろ感は、軽視できない一面もある訳です。やり方次第では、それで大きな利益が発生する事もあるので、色々研究してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:20:22

FXには、色々と優秀なツールがあります。人によっては、そのツールでコンスタントに利益が発生している事もあるのです。
私の親戚が、その1人になります。親戚が場合は、やや特殊なツールを利用しているのです。いわゆるボリンジャーバンドの、変形バージョンになります。
ボリンジャーバンドは、いわゆるトレンドを追いかけたい時には便利なツールです。それを追いかけると、大きな利益が発生する事も多々あるからです。またそのような状況は、売買をしやすい一面もあります。
ところでそのバンドは、やや特殊なものもあるのです。金融業界のツールの1つに一目均衡表があります。それは様々な線グラフによって形成されているのですが、その1つに遅行スパンというものがあるのです。数日前のローソクの位置にその線グラフが表示されるのですが、値動きを分析したい時にはとても便利との意見もあります。その線グラフを見てみると、今後の動きの予測ができる事もあるからです。
そして前述のバンドによっては、その遅行スパンと組み合わされているものがあります。つまりボリンジャーバンドとスパンのグラフが、一体化しているのです。
親戚はいつの頃からか、その一体化しているグラフを用いて、積極的に注文をするようになりました。それを行うようになってから、コンスタントな利益が発生するようになったようです。それを用いる前までは独自のやり方で売買を行っている事も多かったのですが、そのグラフでだいぶ成績が変わってきたようですね。
ですのでFXでコンスタントな利益を生み出したいと思っているのであれば、そのツールを用いてみるのも良いでしょう。ちなみにそのツールを完備している金融会社は、かなり数が限られています。それが使える金融会社は、全体の3割くらいですね。ですのでそれを用いて売買を行う事お考えているのであれば、ちょっと金融会社選びなども大きなポイントになるでしょう。
このようにFXには、やや特殊なツールも見られる訳ですね。前述のようにそれを提供している会社の数はやや少なめなので、やはり業者選別は大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:20:22

FXでは、様々な分析ツールが用いられる傾向があります。特に短期間での売買を行っている方などは、そのツールを用いている事が非常に多いです。
ところでその代表的なツールの1つに、ボリンジャーバンドがあります。主にトレンドなどを追いかけていきたい時などに、よく用いられるツールです。
ところでそのバンドには、1つ特徴があります。それは3つの線で形成されているのですが、それには幅があるのですね。その幅が広くなっている事もあれば、狭くなっている事もあるのです。そして狭くなってきた時には、そろそろ動きが発生する事も多いと言われています。
例えばある時に、外貨の急落が発生したとしましょう。そのような時には、バンドの幅は拡大する傾向があります。今まではバンドの幅が狭かったものの、大幅な急落に伴って幅が大きく拡大する事も珍しくありません。もちろん急上昇が発生した時にも、それが拡大する傾向があります。
ところがその拡大は、継続するものではありません。どこかでその拡大がストップするものなのですね。
例えばある時まではバンドの幅が1円くらいになっていたものの、時間の経過に伴って0.3円位になる事も珍しくありません。つまり急落が発生した後に、だんだんとバンドが狭くなって、外貨の動きも落ち着いてくるのですね。
ではバンドの幅が狭くなっている時には何が起きるかと申しますと、たいていは大きな動きが発生します。つまり上記のような0.3円位の幅になりますと、突如大きな動きが発生する事があるのですね。
そして短期間での売買を行っている方は、大きな動きを待機している事もあります。なおかつ、その大きな動きによる短期間の利益を目指している事も多いですね。そのような方にとっては、バンドの幅が狭くなっているタイミングは、ある意味チャンスとも言えるのです。短期間に大きく値段が動く可能性が高まっている訳ですから、FXの注文チャンスが到来しているとも言えるでしょう。
ですのでバンドの幅が狭くなってきた時は、ちょっと外貨の値動きを注視してみるのが良いですね。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:20:22